2007年09月21日

コンピューター・パソコン関連の資格検定Aデータベース関連、CAD関連

スポンサードリンク


資格検定などを取得する人が急増しています。就職や転職でより有利な条件の企業に入るために資格や検定の取得は有利になるのが理由といわれています。現在資格検定は、およそ3000種類以上あります。それぞれの資格検定を分野別に紹介していきたいと思います。

資格検定で人気の分野は『コンピューター・パソコン関連』の資格検定です。現在ITが社会に浸透して、あらゆる業種にITスキルが必要不可欠となってきています。『コンピューター・パソコン関連』の資格検定は多くのものがあります


さて、今回は、コンピューター関連の資格のうち、データベースに関する資格、CADに関する資格試験のうち、どういったものがあるかを列挙しています。

 データベースに関する資格を紹介するのに、データベースとは何か分かってないと話にならないですよね?

 そこでデーターベースとは何か、ですが、情報をコンピュータで取り扱えるようにしたものをデータといい、これを処理するプログラムとは切り離して、データを独立させたものをデータベースといいます。

 また、CADとは簡単にいえば、コンピューターを用いた設計支援のソフトのこと。
このブログにもいろいろ書いてあるからみてね。

CADスクールが人気です


 この2つだけでもこれだけの数の資格があることからおわかりのように、膨大な数の資格検定がありますので、興味があるものに関しては、関係機関に問い合わせてみることをおすすめします。

資格検定‐『コンピューター・パソコン関連:データベース』
・情報処理技術者試験
・IBM技術者認定制度
・オラクルマスター
・MCA資格制度
・マイクロソフト認定技術資格制度(MCP)
・MOT(マイクロソフト オフィシャル トレーナー)
・Microsoft Office Specialist
・VBAエキスパート
・ソフトウェア活用能力認定委員会認定試験(全8種)
・情報検索基礎能力試験 情報検索応用能力試験
・CIW(Certifid Internet Webmaster)
・コンピュータサービス技能評価試験(各5種)

資格検定‐『コンピューター・パソコン関連:CAD』
・Autodesk Master
・VectorWorks操作技能保持者認定試験
・建築CAD検定試験 
・建築CADデザイナー資格認定試験
・CAD実務キャリア認定制度
・全国ビジネス学校連盟認定試験(全11種)
・CAD利用技術者試験
・CADトレース技能審査
・財団法人 全日本情報学習振興協会検定試験
posted by 資格師 at 07:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 資格検定