2008年02月26日

コンピューター・パソコン関連の資格検定E文書処理、ハードウェアコンピューター関連

スポンサードリンク


 資格検定のうち、人気の『コンピューター・パソコン関連』の資格検定ですが、今日の記事では、そのなかでも文書処理、ハードウェアについての資格を紹介することにします。

 現在ITが社会に浸透して、あらゆる業種にITスキルが必要不可欠となってきています。『コンピューター・パソコン関連』の資格検定は多くのものがありますが、文書処理については、どのような業務を行ううえでも必要となってくるものですし、ハードウェアについての知識も、会社のなかでかならず持っている人が必要となってくるため、企業が求めるスキルといえましょう。


 それぞれの資格検定を列挙していきたいと思います。膨大な数の資格検定がありますので、興味があるものに関しては、関係機関に問い合わせてみることをおすすめします。

資格検定‐『コンピューター・パソコン関連:文章処理』
・一太郎インストラクター(一太郎2005)
・MOT(マイクロソフト オフィシャル トレーナー)
・Microsoft Office Specialist
・全国ビジネス学校連盟認定試験(全11種)
・情報処理能力認定委員会 認定試験(全8種)
・ソフトウェア活用能力認定委員会認定試験(全8種)
・全国経理学校協会能力検定試験(各3種)
・日本情報教育検定協会検定試験(各3種)
・コンピュータサービス技能評価試験(各5種)
・日本語文書処理技能(日商文書技能)検定試験

資格検定‐『コンピューター・パソコン関連:ハードウェア』
・IBM技術者認定制度
・CompTIA(11分野)
・ディジタル技術検定試験
posted by 資格師 at 07:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 資格検定